GLPIのインストール

glpiをダウンロード、展開しDocumentRoot配下に配置オーナをします。
cd /usr/local/src
wget https://forge.indepnet.net/attachments/download/1314/glpi-0.83.6.tar.gz
tar -zxvf glpi-0.83.6.tar.gz
mv glpi /var/www/html/
chown -R apache.apache /var/www/html/glpi

 ブラウザで下記アドレスにアクセスする
http://hostname/glpi/
管理者IDでログインする glpi/glpi

01

 










[セットアップ]→[一般設定]→「一覧」タブをクリック
02
 









Enable the OCSNG mode を はい に変更し、【更新】をクリックする
 [セットアップ]→[一般設定]→[OCSNG mode]をクリックする

03 




localhostをクリックする
 ocs用に設定した、DBユーザ名、パスワードを入力し、【更新/ログイン】をクリックする
 「OCSデータベースの接続に成功しました」と表示されることを確認する
 OCSNGからインポートするものを選択する
 「OCSのソフトウェア辞書を使います」は、【いいえ】にする

全体の設定はこんな感じになります。

GLPI   OCS Inventory NG


























OCSNG InventoryのデータをGLPIに取り込むには下記手順を実行します。
[ツール]→[OCSNG]をクリックする

04








【新しいコンピュータのインポート】をクリックします。
 05









まだ取り込まれていないPCがOCSNG側にあれば、一覧が表示されるので、
取り込みを実行する場合には、インポートをクリックします。



Windows Server 2008 パーフェクトガイド Active Directory
John A. Price、Brad Price、Scott Fenstermacher
翔泳社
売り上げランキング: 39301

続きを読む