IDCFクラウドセルフタイプでvyattaテンプレートが提供されているのですが、
単純なところでちょっとはまりました。 

テンプレートはこれです。
01

仮想マシンを作成して、ログインしようと思ったら、
rootでログインできない・・・ sshキーも同じなのに
(IDCFクラウドセルフはroot許可になっています。CentOS等の場合
 グローバルからは、Firewallを解放しない限り接続できません)
#ssh 10.xx.xx.xx
Welcome to Vyatta
Permission denied (publickey).
となってしまいました。
 
続いてコンソールから、rootで仮想マシンを起動した際に表示された
パスワードを入力してみたものの、ログインできず・・・

パスワード初期化だ!と意気込んで
pwinit01
pwinit

パスワード初期化後、再度コンソールからrootでログイン→NG

むぅ。そういえばvyattaってvyattaユーザじゃないか?
と思いだし、vyatta 初期化したパスワード でログイン → 見事ログイン成功!

#ssh -l vyatta 10.xx.x.x
Welcome to Vyatta
Welcome to Vyatta.
This system is open-source software. The exact distribution terms for
each module comprising the full system are described in the individual
files in /usr/share/doc/*/copyright.

    ________  ______   ______                 __  _
   /  _/ __ \/ ____/  / ____/________  ____  / /_(_)__  _____
   / // / / / /      / /_  / ___/ __ \/ __ \/ __/ / _ \/ ___/
 _/ // /_/ / /___   / __/ / /  / /_/ / / / / /_/ /  __/ /
/___/_____/\____/  /_/   /_/   \____/_/ /_/\__/_/\___/_/
ちゃんとログインできました。

ってこれ利用ガイドとかに書いてあるんでしょうか?
利用ガイドを再読してみましたが、書いてなさそうです。

vyatta でのIPSECサイト間接続手順書 にもないですね。
vyatta使うなら常識ってことですかね・・・




 
ひらくPCバッグ

ひらくPCバッグ
価格:26,200円(税込、送料別)